Home > 協会トリビア, 東洋雑学 > Q:漢方と鍼灸(しんきゅう)は、何が違うのですか?

Q:漢方と鍼灸(しんきゅう)は、何が違うのですか?

8月 11th, 2013

Q:漢方と鍼灸(しんきゅう)は、何が違うのですか?(四国医療専門学校)
A:漢方も鍼灸もどちらも東洋医学です。どちらも基礎となる考え方は共通しています。ヒトが健康でいられることや病気になる仕組みに関する考え方は漢方も鍼灸も同じです。
では違いはどこかというと、正常な仕組みが破綻している状態が「病気」と呼ばれたりするわけですが、それを正常に戻すための方法が違うのです。漢方では主に薬を飲んで治療をします。鍼灸では体表にある経(けい)穴(けつ)(ツボ)に鍼(はり)や灸(きゅう)をすることで治療をします。
  どちらも同じ考え方に基盤をおいていますので、両方を利用することで治療が円滑に進むことも多々あります。

協会トリビア, 東洋雑学

Comments are closed.