Archive

Archive for 2月 22nd, 2006

その6:自分でできるツボ療法—肩井(けんせい)

2月 22nd, 2006
Comments Off on その6:自分でできるツボ療法—肩井(けんせい)

その6:肩を軽く肩井(けんせい)
p31_6-thumb
 「肩たたき」に象徴されるように、肩こりはもっとも身近な症状です。実際、肩こりを訴える人々は多く、様々な肩こりグッズが販売されています。
 なぜ、日本人は肩こりになりやすいのか、不思議に思います。このことについての理由は明らかではありませんが、日本人は肩に対する意識が非常に高いことが影響しているのではないかという説があります。日頃「肩書」「肩をいからす」「肩を落とす」「肩をもつ」など肩をつけた慣用句をよく耳にします。こういったことが自然と肩意識を高め、いろいろなことを肩で受けとめる、そのようなことから肩こりになりやすいという考えです。
 一方、肩こりを医学的にみると、肩の使いすぎ、頸椎(けいつい)の障害、内臓の障害、感覚器の障害など様々な原因で起こります。どのような原因かを明らかにしたうえで肩こりの治療をすることが望ましいと思います。ここでは、肩の使いすぎやストレスによる肩こりのツボ療法を紹介します。
 肩こりの代表的なツボといえば「肩井」です。肩上部のほぼ中央にあります。「肩井」の「肩」は肩の意、「井」は陥凹の意、すなわち「肩井」は、肩でその下は井戸のように空洞になっているところに当たるツボです。実際、肩上の中央部の下は胸郭という大きな空洞があります。
 「肩井」は、古来肩こりのツボとして親しまれてきた馴染みのツボです。肩こりは手作業でも起こりますが、精神的ストレスでも起こります。したがって肩こりをほぐすことは、心のこりをもほぐすことに通じます。「肩井」への「温灸」や指圧、あるいは「軽い肩たたき」をすると、気持ちがスーッとします。なお「肩井」への急激で強い刺激は、ときに脳貧血を引き起こすこともありますので、ソフトな刺激から始めましょう。
◇毎日ライフ2004年4月増刊号◇より

爽やかツボ療法