Home > 爽やかツボ療法 > その2:自分でできるツボ療法—労宮(ろうきゅう)

その2:自分でできるツボ療法—労宮(ろうきゅう)

12月 25th, 2005

その2:労宮(ろうきゅう)

p29_2-thumb ”癒やしの時代“といわれています。アロマセラピーをはじめ、様々な癒やしの術が行われています。そうした中で古くから癒やしの術として愛用されてきたのがツボ療法です。ツボ療法では、ツボへの快適刺激を通して心地よさを引き起こします。心地よい感覚が刺激部位から次第に全身に波紋のように広がっていきます。そうなると体の中をくつろいだ時間が流れ、自ずと心身がリラックスします。そうした効果を比較的簡単に引き出すことができるのが労宮のツボです。
 労宮は手のひらの中央で手を握ると中指の先端が手のひらに当たるところにあります。労宮の「労」は労働の意、「宮」は皇宮や中室、中央の意、つまり労宮とは働く手の中央にあるツボということです。このツボは心包経という経絡に属しています。心包(しんぽう)という臓腑は心の臓と一緒になって精神機能を司(つかさど)ります。
 労宮を中心に手のひら全体をやや強めに指圧をするととても心地よく、気持ちがゆったりとします。全身の緊張も次第にゆるんできます。宮労の指圧は、自分でやるよりは身近な人にやってもらうとより効果的です。
 手は気持ちを伝えてくれる大切な部位です。また、相手の気持ちを受け取ることができる部位でもあります。そのことから医療の原点は「手当て」にあるとされています。手はまさに癒やしをする大切な部位です。
◇毎日ライフ2004年4月増刊号◇より

爽やかツボ療法

Comments are closed.