Home > 協会トリビア, 未分類, 東洋雑学 > Q:「ボキッ」と骨の音を鳴らすのは良くないのですか?

Q:「ボキッ」と骨の音を鳴らすのは良くないのですか?

9月 11th, 2012

Q:「ボキッ」と骨の音を鳴らすのは良くないのですか? (長生学園)
A:関節を動かした時に聞こえる「ボキッ」という音の鳴る原理は諸説あります。治療を受けた時にこの音が聞こえると、怖さを感じる人が少なくありません。
しかし、普段の生活の中で背伸びや指を動かした時に、自然と音が鳴ってしまうことがあるように、音が鳴ること自体は問題がないのです。問題なのは、音を鳴らそうと関節に対して無理な力を加えたりすることなのです。この場合は過剰な力が原因となって、靭帯や筋を引き伸ばし、関節周囲の組織を損傷させ、痛みを引き起こしてしまいます。
あん摩マッサージ指圧の治療の中には、関節の可動(動き)や可動域(動く範囲)を改善するために運動法や矯正法などを行う場合があります。治療を受けるときには正しい知識と技術をもった国家資格を有するあん摩マッサージ指圧師のいる治療院で、治療を受けられることをお勧めいたします。

協会トリビア, 未分類, 東洋雑学

Comments are closed.