Home > 協会トリビア, 東洋雑学 > Q:試験前などの緊張している時に、甘い物を摂ると良いというのはなぜですか?

Q:試験前などの緊張している時に、甘い物を摂ると良いというのはなぜですか?

9月 1st, 2012

Q:試験前などの緊張している時に、甘い物を摂ると良いというのはなぜですか? (明治東洋医学院専門学校)
A:東洋医学には、「酸味・苦味・甘味・辛味・鹹味(塩辛い)」の五味と呼ばれる種類の味覚があります。それぞれの味覚には役割があります。東洋医学では甘みは緊張を緩める働きがあると考えていることから、甘いものを摂ることが良いと考える訳です。逆に、心や身体を引き締めたいときなどは酸味がおすすめです。参考までに五味の特徴を下記に記載します。
酸:引き締める。(酢・梅干しなど。)
苦:余分なものをとりさる。(茶・ピーマンなど)
甘:筋肉や心の緊張などをゆるめる。(砂糖など)
辛:汗を出したり、発散する。(生姜・カレーなど)
鹹(塩辛い):やわらかくする(塩もみのイメージ)。

協会トリビア, 東洋雑学

Comments are closed.