Home > 未分類 > Q:治療に用いる鍼(はり)はどのようなものを使いますか?

Q:治療に用いる鍼(はり)はどのようなものを使いますか?

3月 11th, 2012

Q:治療に用いる鍼(はり)はどのようなものを使いますか? (人間総合)
A:治療内容にもよりますが、現在最も多く使われているのは毫鍼(ごうしん)と呼ばれる太さ0.18mm(髪の毛の太さ)長さは4~5cmの鍼です。 採血で使われる注射針が太さ0.8mm程、裁縫に使う縫い針が太さ0.5mm程ですから、鍼治療で使われる鍼の細さが解っていただけるのではないでしょうか。
他には、画鋲の様な形をした皮膚に貼るタイプの鍼や、 ローラーの様に転がして撫でたり擦ったりする皮膚に刺さない鍼もあります。初めて治療を受ける時は、不安になるものです。是非事前に鍼を見せて貰ってはいかがでしょうか。

未分類

Comments are closed.