Archive

Archive for 3月, 2012

Q:もぐさにも産地はあるのですか?

3月 21st, 2012
コメントは受け付けていません。

Q:もぐさにも産地はあるのですか? (神奈川衛生学園専門学校)
A:灸(きゅう)治療で使用するもぐさは「もえぐさ(燃草)」がなまったことばです。原料はヨモギとオオヨモギで、産地は滋賀県の伊吹山が有名ですが、現在は中国産のもぐさが多く使用されているそうです。
参考文献 鍼のひびき 灸のぬくもり 癒しの歴史

東洋雑学

Q:医療従事者に必要なことは何ですか?

3月 21st, 2012
コメントは受け付けていません。

Q:医療従事者に必要なことは何ですか?(呉竹医療専門学校)
A:患者さんの身体を診(み)る前に、心身ともに自分自身の健康管理が出来ること。それが何よりも必要だと思います。それから、自分自身を客観的に捉えることが出来ると、患者さんの訴えも率直に理解できるようになれますので、自分自身をよく知ることも大切だと思います。

協会トリビア, 東洋雑学

Q:治療に用いる鍼(はり)はどのようなものを使いますか?

3月 11th, 2012
コメントは受け付けていません。

Q:治療に用いる鍼(はり)はどのようなものを使いますか? (人間総合)
A:治療内容にもよりますが、現在最も多く使われているのは毫鍼(ごうしん)と呼ばれる太さ0.18mm(髪の毛の太さ)長さは4~5cmの鍼です。 採血で使われる注射針が太さ0.8mm程、裁縫に使う縫い針が太さ0.5mm程ですから、鍼治療で使われる鍼の細さが解っていただけるのではないでしょうか。
他には、画鋲の様な形をした皮膚に貼るタイプの鍼や、 ローラーの様に転がして撫でたり擦ったりする皮膚に刺さない鍼もあります。初めて治療を受ける時は、不安になるものです。是非事前に鍼を見せて貰ってはいかがでしょうか。

未分類

Q:鍼灸(しんきゅう)の鍼(はり)の素材は何ですか? 

3月 1st, 2012
コメントは受け付けていません。

Q:鍼灸(しんきゅう)の鍼(はり)の素材は何ですか? (新宿鍼灸)
A:鍼灸の鍼はステンレス・金・銀などからできており、それぞれの用途や特性に合わせて使用します。古い時代には、細い骨、とがった木の枝、鋭い石なども鍼の材料となっていました。また江戸時代には鉄で作った鍼などもありました。

東洋雑学