Archive

Archive for 11月, 2005

⑤鍼灸治療を受けるときに注意しなければならないことは?

11月 21st, 2005
コメントは受け付けていません。

【鍼灸治療を受けるために知っておきたいこと】
p17_illust-thumb
Q:鍼灸治療を受けるときに注意しなければならないことは?
A:
東洋医学では、人体は1つの総合体で、局所の病変は全身に影響を及ぼし、内臓の病変は手足などや体の表面に反映されると考えます。そのため、診察は症状のある局所だけでなく、腹部や背部、手足など全身の診察(四診)が行われますので、例えば、舌を見る診察(舌診)が行われる前は、舌に色素が付着するおそれのある「あめ、タバコ、コーヒーなど」はできるだけひかえてください。正確な診察ができなくなるおそれがあります。もし治療当日にあめ、タバコ、コーヒーを摂取し来院された場合は、舌診の前に治療者に伝えてください。
 また、治療をスムーズにするためにも、着脱のしやすい「服装」で来院してください。背中やお腹など治療しますので、つなぎのガードルなどの下着はあらかじめしないほうが無難です。バスタオルなどで下着などが見えないように治療しますが、大腿部(太もも)など治療部位によっては、短い丈のズボン・スパッツを持参したほうが良い場合もあります。
 長髪の人は、事前にゴムなどで髪を結わえてもらうと首や肩への治療がしやすくなりますので、ご協力をお願いします。
 最後に、治療後は「入浴」しても良いかどうか患者さんからよく質問されますが、基本的には入浴可能です。ただ、念のため治療後1時間は空けたほうが良いでしょう。
(半田 由美子)
◇毎日ライフ2004年4月増刊号◇より

患者さんのための基礎知識