Archive

Archive for the ‘冬のツボ’ Category

冷え症

9月 13th, 2004
コメントは受け付けていません。

■冷え性とは・・・。
人間の体には、常に体温を一定に保とうとする働きがあります。体内はだいたい摂氏37度に保たれるのですが、この温度を保つには血液の量や流れが大切であると言われています。冬になって気温が低くなると、腕や足などの皮膚の血流は悪くなりますが、脳や体の血流は保たれ、体内の温度低下を防ぎます。逆に気温が高くなる夏には、血液の多くは皮膚の表面を流れ、余分な熱を外に放散します。つまり、暑さ寒さに応じて、体の中の血液分布はたえず変化しており、この調節機能が崩れると、部分的に血液量が不足したり、反対に多すぎたりして、様々な症状が起こってきます。

■原因
上記のとおり、血液循環の不良によって起こってきます。疲労やストレス、さらには睡眠不足、冷たいものを多くとることや栄養摂取の不良など、食事のアンバランスなどといった要素が考えられます。

■施術
冷え症に効果的なツボ

大腸兪(だいちょうゆ)
dai2

 

 

ウエストの高さで、背骨から指2本分のところに取ります。

腎兪(じんゆ)・志室(ししつ)

 

jinyu

 

 

 

 

 

大腸兪から上に向かって指3本分のところに取ります。その外側指2本分に志室を取ります。

冬のツボ