Archive

Archive for the ‘鍼灸院と保険と免許’ Category

Q:鍼灸(しんきゅう)治療に健康保険(医療保険)は使えるのでしょうか?

11月 1st, 2017
コメントは受け付けていません。

Q:鍼灸(しんきゅう)治療に健康保険(医療保険)は使えるのでしょうか? (日本健康医療専門学校)
A:使える場合があります。
現在、鍼灸(しんきゅう)の保険適応疾患は、神経痛、頸(けい)腕(わん)症候群、頚椎(けいつい)捻挫(ねんざ)後遺症(むちうち症)、腰痛、リウマチ、五十肩などの慢性的な痛みのある症状が適応となります。保険適用を受ける場合には医師の同意書が必要となります。保険を利用することで安価に鍼灸(しんきゅう)治療を受けることができますので、上記の疾患と診断された方は是非利用してはいかがでしょうか。

協会トリビア, 鍼灸院と保険と免許

Q:鍼(はり)や灸(きゅう)は健康保険がききますか?

4月 1st, 2016
コメントは受け付けていません。

Q:鍼(はり)や灸(きゅう)は健康保険がききますか? (日本鍼灸理療専門学校)
A:「医師の同意」を得るなど、必要な手続きを行えば、神経痛、リウマチ、腰痛症など特定の症状・病気で健康保険が適応となります。
まず、施術を受けようとお考えの施術所にご相談下さい。

協会トリビア, 鍼灸院と保険と免許

Q:はりきゅうの治療を無料で1回だけなら、資格が無くても行ってよいでしょうか?

8月 1st, 2015
コメントは受け付けていません。

Q:はりきゅうの治療を無料で1回だけなら、資格が無くても行ってよいでしょうか? (中央医療学園専門学校)
A:はり・きゅうを業として行うには国家試験にパスして免許を取得する必要があります。

協会トリビア, 鍼灸院と保険と免許

Q:マッサージ師には小柄な女性でもなれますか?また、年齢制限はありますか?

2月 21st, 2012
コメントは受け付けていません。

Q:マッサージ師には小柄な女性でもなれますか?また、年齢制限はありますか? (長生学園)
A:あん摩マッサージ指圧師は自分の体を使う仕事なので、ある程度の体力は必要ですが、強い力が必要なものではないので、小柄な女性でも十分にできます。また、高校を卒業されている方ならどなたでも免許が取れ、年齢制限もありません。学校に入学される方には、60歳を過ぎ定年退職してから勉強を始める方もいますし、70歳を過ぎても現役で治療をしている女性の先生もいらっしゃいます。
 まさに、一生できる仕事と言って良いでしょう。

鍼灸院と保険と免許

Q:鍼(はり)・灸(きゅう)の治療は病院などと同じように健康保険が使えないのですか?

2月 11th, 2012
コメントは受け付けていません。

Q:鍼(はり)・灸(きゅう)の治療は病院などと同じように健康保険が使えないのですか?(東京医療福祉)
A:疾患は限られますが、健康保険が使えます。
その疾患は①腰痛症 ②神経痛 ③リウマチ ④五十肩 ⑤頚腕症候群 ⑥頚椎捻挫後遺症(むち
うち症) ⑦慢性の疼痛疾患 の7つです。
手続きはかかりつけの医師から同意書をもらえば可能です。詳しくはお近くの鍼・灸の治療院に行って、ご自身の状態が上記の疾患にあてはまるかを聞いてみてください。

鍼灸院と保険と免許

Q:鍼(はり)・灸(きゅう)・あん摩マッサージ指圧の治療を行うのにどうして免許が必要なのですか?

2月 1st, 2012
コメントは受け付けていません。

Q:鍼(はり)・灸(きゅう)・あん摩マッサージ指圧の治療を行うのにどうして免許が必要なのですか?(関西医療)
A:鍼灸、マッサージを行うには免許が必要です。
理由はこれらの治療が「人体に関すること」だからです。
鍼は体に刺入しますし、灸は体の上で艾を燃やします。人体についての知識がないと非常に危険です。
ですから解剖学的知識、疾病に関する知識、東洋医学に関する知識…など「医学的知識」を充分に理解する必要があります。

鍼灸院と保険と免許

Q:“マッサージ”の仕事をするためには、国家資格を取らなければならないのですか?

1月 21st, 2012
コメントは受け付けていません。

Q:“マッサージ”の仕事をするためには、国家資格を取らなければならないのですか?(京都仏眼)
A:マッサージは国家資格です。現在の日本の法律では、「医師以外の者で、あん摩、マッサージ若しくは指圧を業としようとする者は、あん摩マッサージ指圧師免許を受けなければならない。」と定められています。ですから“マッサージ”を“仕事”とするためには、“あん摩マッサージ指圧師”という免許を取得しなければ、法律に違反することになります。現在の日本には“マッサージ師”という免許は存在しません。また“無資格マッサージ”や“民間資格のマッサージ”などというものも、現在の日本社会においては存在しないものです。“マッサージ”の仕事をしようと考えている人は、必ず“あん摩マッサージ指圧師”免許を取得してから行わなければなりません。

鍼灸院と保険と免許

Q:どういう場所で鍼灸治療を受けられますか?

8月 1st, 2011
コメントは受け付けていません。

Q:どういう場所で鍼灸治療を受けられますか?(関東鍼灸)
A:鍼灸治療院、鍼灸接骨院など、看板に「鍼灸」や「針灸」もしくは「はりきゅう」と表示してある治療院で受けることが出来ます。病院や医院でも受けられる所がありますし最近ですと、スポーツクラブなどでも受けられる所があるようです。

協会トリビア, 鍼灸院と保険と免許

Q:鍼灸治療院の領収書は医療費控除に使用できますか?

7月 25th, 2011
コメントは受け付けていません。

Q:鍼灸治療院の領収書は医療費控除に使用できますか?(東洋鍼灸専門学校)
A:原則として医療費控除の対象となりますが、疾病予防や健康増進目的の場合はご利用いただけない場合もあります。疾病治療の目的であっても、税務署によっては病気を治す目的で通院しているという証明書(医師の診断書)の提出が必要な場合もあります。

協会トリビア, 鍼灸院と保険と免許

Q:あん摩マッサージ指圧師の免許は、学校を卒業すれば手に入れることができますか。

7月 15th, 2011
コメントは受け付けていません。

Q:あん摩マッサージ指圧師の免許は、学校を卒業すれば手に入れることができますか。(京都仏眼)
A:あん摩マッサージ指圧師の免許は、国家試験の受験資格が与えられる学校または養成施設で3年以上、必要な学問と技術を修得した後、厚生労働大臣が行う“あん摩マッサージ指圧師国家試験”に合格した場合にのみ取得することができます。したがって学校を卒業しただけでは免許を取得することはできません。国家試験の受験資格が手に入るだけです。国家試験に合格してはじめて免許を手に入れることができます。ちなみに現在の日本では、国家試験は一年に一回、現在までのところは2月の下旬の土曜日に実施されています。

協会トリビア, 鍼灸院と保険と免許